8

4月

2019

Sustainable paper and wood on the agenda at Søstrene Grene

「エコな紙製品を意識して選ぶと、その紙1枚1枚がより美しく見えるのよ」と

アンナとクララは言います。姉妹にとって紙は特別なもの。

だからそ環境保全の点から見て適切で、継続可能な心理管理のもと生産された原料で製造された

FSC認証の商品を取り扱っています。

 

何も描かれていない余白、その余白から様々なものが生まれます。

そこには宇宙が存在しているのです。

小説のプロローグ、インスピレーションがつまったアートのスケッチ、

もしかしたら美しい建造物の設計図かもしれません。

夢やインスピレーションがつまった1ページ、それが1冊になり物語が生まれます。

好きな人に想いを伝えるラブレター、友達に送るメッセージカード・・・

その1ページにあなたなら何を描きますか。

 

ソストレーネ グレーネでは1973年のブランド設立時より、ノートブック、封筒やルーズリーフなどの紙製品の取り扱いをはじめ、今日に至ります。

そのバラエティの豊かさも含め、紙製品に対する特別な思い入れはブランドの

アイデンティティなのです。

 

今日、アンナとクララは紙の品質やデザインは、その人の紙の使い方までに影響を与えると信じており、また同じように製品の生産方法も重要なのです。

 

ソストレーネグレーネでは環境保全に配慮した木材を使用することによって、森林保全を応援する意識を持つことが重要だと考えています。経済的にも持続可能な森林の木材から生産された紙を使用することは不可欠であり、持続可能な地域環境をつくることを社会的責任と考えています。

 

 

FSC認証は環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理のもと生産された原料で製造された製品にFSCロゴをつけ、消費者に選択の機会を与えることで、誰でも世界の森林保全に参加できる仕組みを提供しています。

 

 

ソストレーネ グレーネで取り扱うシグネチャーアイテムであるペーパーボックスを含めたは全ての紙製品はFSC認証を受けており、カタログにも認証を受けた木材より製造された紙を使用しています。

 

「私たちの目標は、ソストレーネ グレーネで取り扱っている全ての木製商品、紙製品のようにFSC認証の木材を用いること。」その為の日々努力を怠りません。

 

次にお店を訪れる際は、商品のFSCロゴを確認してみてください。

その商品を手に取るとアンナとクララの想いが伝わってくるはずです。

また私たちひとりひとりが、選択することによって、社会に貢献し持続可能な環境作りに

協力することができるのです。

 

ソストレーネグレーネの取り組みに関してはこちらからご覧ください。

Sustainable paper and wood on the agenda at Søstrene Grene

素敵なアイデアは見つかりましたか?

何かお気に入りを見つけたら、お友達にもシェアして下さい。